ホーム > 治療例

当院の治療方針

当院で治療をされた方の中から、典型的な治療をいくつかご紹介致します。

質の高い治療結果とは、感覚的に「きれいだな」と感じられるものです。

また、これから矯正治療をお考えの皆様にとって、さらなる治療への理解の一助となればと、ホームページ上で資料を使用することをご快諾くださった、当院の患者の皆様方(下記の写真)にこの場を借りて深くお礼申し上げます。

でこぼこ・叢生

前歯や奥歯がデコボコしている状態です。別名では、叢生や乱杭とも言います。
デコボコの原因は、歯を並べる土台となる骨の大きさに対して、そこに並ぶ歯の大きさの総和が多すぎてスペースが不足していること原因となります。

例えば、10人掛けの長椅子があったとしましょう。そこに10人の人ならキレイに座れますが、11~12人の人が座ろうとすると、どうしてもどこかに歪が生じてガタガタしてキレイには座れません。

歯も、上の歯列は上あごに、下の歯列は下あごに並んでいます。この土台に対して、多すぎる歯が存在する場合に、でこぼことなります。

さらに細かく考えると、一つ一つの歯が大きい場合、土台が小さい場合、歯列のアーチの幅が狭い場合、奥歯が後ろから押して前歯がデコボコしている場合、などが考えられます。

でこぼこ・叢生

八重歯

八重歯とは、前から数えて3番目の犬歯が外側に飛び出して生えている状態をいいます。犬歯はもともと前歯と違って先端がとがっていることもあり、外側に飛び出していると少し牙のように見えて目立ってしまいます。
根本的な原因は、でこぼこや叢生の場合と同じと考えられます。犬歯は、乳歯から永久歯へと生え変わる時期が最後のほうになる場合が多く、生える場所が不足することにより位置の異常を生じやすい歯です。

八重歯

出っ歯・上の歯が前に出ている(上顎前突)

上の前歯の角度や位置が前方に飛び出している状態です。
上の歯が極端に出ているような場合、下の前歯と上の前歯の前後差が大きくなり、口を閉じたときに下唇が間に入ってしまい、口を閉じているのに少しうっすらと上の前歯が見えてしまうこともあります。

上の前歯前方に飛び出すことで、上下の唇をうまく閉じることができなくなり、唇の筋力自体も低下して、普段から少し口が開いたようなお顔立ちになってしまうこともあります。

また、転んだりした際などに、前歯をぶつけやすく、大切な前歯を傷つけてしまいやすい状態です。

上顎前突の原因は、例えば、上あごと下あごの土台に前後的なズレのある場合、つまり骨格的な原因と、土台や骨格的なズレがなくても、上の歯が前にせり出していたり、もしくは、下の歯が後ろに引っ込んでいることで相対的に上下の前歯に前後差が生じていたり、もしくはその両方が原因であったり、などが考えられます。

また、骨格的な原因と前歯の傾きの原因の両方が存在することもあります。

出っ歯・上の歯が前に出ている(上顎前突)

上顎前突症

「口元の突出感」と「出歯」を気にされて、来院された上顎前突症女子の1例です。
機能的で、健康的な歯並びを獲得され、また、口元の突出感も改善しました。

上顎前突症

その後も安定した結果が持続しています。下の青い写真は、横顔のレントゲン写真の分析結果です。矯正治療前後の、歯の位置の変化と、それに伴う口元の変化を示します。

横顔のレントゲン写真

受け口・下あごが出ている・反対咬合(下顎前突)

下の前歯が上の前歯と反対になって、出てしまっている状態です。

会話や食事の際に、正しいあごの動きができにくく、滑舌が悪くなったり、食事の際に少しクチャクチャと音を立てながら食べてしまいやすくなります。

正しいあごの運動ができづらく、上下の歯の接触状況が悪いことから、前歯や奥歯に負担がかかりやすく、ここの歯の健康の上でも良い状況とは言えません。

また、見た目に対するコンプレックスになりやすく、受け口の方が矯正治療で反対咬合を改善すると、特に治療に対する満足度も大きい得られることがあります。

受け口・下あごが出ている・反対咬合(下顎前突)

口元がでている・上下の歯が出ている(両顎前突)

歯ぐきの骨ごと上下の前歯が前に出ている場合、上下の唇も前に押し出されて、突出したような口もととなります。歯を植えている土台となる歯茎の骨の大きさに対して、並んでいる歯が多いことで、前方に歯が飛び出ることでオーバーハングして少しでも多くの歯を納めようとしている状態です。

このような場合には、上下の前歯を歯ぐきの骨ごと後ろに引っ込めるように治すことで、口元の突出を改善します。横顔のバランスや唇の厚み、唇の閉じやすさ、お口を閉じたときの口の元の緊張感の解消、など多くの問題が改善します。

口元がでている・上下の歯が出ている(両顎前突)